pick up! 特集&レポート

(8)ベテラン講師に聞く! 私たちが明光で働く理由 【主婦(夫)・社会人講師座談会】

2014年7月7日

これまで、講師OB・OGや、現役の大学生講師にスポットを当ててきた特集&レポートですが、今回は社会人女性のおふたり、佐藤文美恵先生と赤平知子先生をクローズアップ。全国の明光義塾には、社会人として経験を積まれた後、塾講師として活躍されている先生が大勢います。長く勤務されているおふたりに、講師をしていて感じるやりがいや喜びについて聞きました。明光義塾が、大学生だけでなく主婦(夫)や社会人にとっても活躍できるフィールドであることがおわかりいただけると思います。

shakaijin_1.jpg
<佐藤文美恵先生(左)と赤平知子先生>

"個性豊かな教室の子どもたち"
――明光義塾で講師アルバイトを始めたきっかけをお聞かせください。
赤平先生 国際ボランティアに携わっていて、日本と海外の交換留学生に接した経験を生かせる仕事を探していました。これからは子どもたちに英語の楽しさを伝えたいと思い、明光義塾の講師募集に応募しました。現在は英語以外も指導しています。

佐藤先生 私は住まいの周辺で働けるアルバイトを探していた時に、講師の募集を知り応募しました。地元の吹奏楽団で活動しているので、若い年代とのコミュニケーションに不安はありませんでしたが、授業をするうえで小中高の勉強をやり直すことにプレッシャーがありましたね。

赤平先生 私も応募の際に、「自分にしっかりと務まるだろうか」という気持ちがあったので、採用の知らせを聞いた時はうれしかったことを覚えています。教室長から、「若い講師陣と教室長との"架け橋"の役割も担ってほしい」という思いもあり採用されたことを伝えられ、良い授業をしようというモチベーションが高まりました。授業への不安は、コツコツと勉強を進めて自信をつけていくことで解消できました。

佐藤先生 私の場合は、1年ほど勤務したところで、担当教科の年間の流れがつかめました。同時に、「教えることって楽しいな」と感じるように意識が一気に変わりましたね。子どもたちとの会話はいつも楽しく、発見や学ぶことも多いです。大人同士の会話とは違った面白さや、気づきがありますね。生徒さんはそれぞれに個性がありそれがまた楽しいのです。さまざまな生徒さんと接することができる点は、明光義塾ならではの良さです。

shakaijin_2.jpg

"わかったよ!という言葉がうれしい"
――講師をしていてよかったと感じるのはどんな時ですか?
佐藤先生 生徒さんが壁にぶつかった時にわからない理由を一緒に考えて、「先生、わかったよ!」と子どもたちが言ってくれた時は、本当にうれしいですね。教えていると、目つきがパッと変わる時があるんです。長年講師をやっていても、その瞬間の子どもたちの表情に毎回感動を覚えます。

赤平先生 そうそう! 「わかった!」と思ってもらえた時は、単純だけどやはりうれしいですよね。学校の定期テスト対策をして、次に教室で会った時に、「先生、テストに出たよ! ちゃんとできたよ!」と言われると感激します。

佐藤先生 私には、自分自身に学生時代、不得意科目があったからこそ、「わからない」と嘆く子どもたちの気持ちがわかることに気づいた瞬間がありました。悩みを抱えている子どもたちの気持ちになって接するという自分のスタイルを見つけられ、「明光義塾の先生になってよかった」と思いました。指導するうえで子どもと同じ目線に立って考えてみることを大事にしています。

赤平先生 かつて児童心理学を学んでいましたが、小学生を担当する際は、当時学んだことが生かされます。例えば、机に向かう姿勢ひとつをとっても、子どもの数だけさまざまです。姿勢の悪い子どもを注意するのではなく、ちゃんとした姿勢で勉強する子どもを褒めると、崩れた姿勢の子も背筋をピンと正します。一方をほめてもう一方に気づかせるということに手ごたえを実感した時は、うれしかったですね。

shakaijin_3.jpg

"楽しく勉強を指導できる教室環境"
――おふたりとも長く働かれていますが、続けて働けている理由をお聞かせください。
赤平先生 働く前は塾といえば集団塾のピリピリとしたイメージがあったので、初めて入った教室のアットホームな雰囲気に驚きました。明光義塾は教室長・講師と生徒さんの距離感が近いので、楽しく勉強を指導できる環境だと思います。「私も初めはわからなかったんだよ」と、目線を自分の学生時代に戻しながら子どもたちと接しています。

佐藤先生 10年ほど明光義塾で働いていると、小中高時代に指導した子どもたちが大学に入って、講師として再び教室に戻ってくることも経験します。長く続けてこられたからこそ感じられる喜びですね。生徒から講師へと成長して、今度は同僚として生徒さんの成長という同じ目標に向かってがんばっています。

shakaijin_4.jpg

"生徒さんから元気をもらっています"
――明光義塾の講師を目指す社会人へ向けてメッセージをお願いします。
佐藤先生 新たに飛び込む職場に対して不安や悩みがあるのは誰もが同じです。でも、思い切ってやってみたら、明光義塾で他では得難い経験ができました。子どもたちに目線を合わせて、一緒に歩んで成果が上がると本当にうれしいです。皆さんにも、明光義塾の門を叩いてほしいと思います。

赤平先生 私たちは年を重ねていきますが、教室では今いる子どもたちが卒業するとまた新しい子どもたちが入ってきます。子どもたちと私の年の差は広がっていきますが、私はそれをギャップとして捉えずに、教室で働くことを通じて気持ちの若さをキープできると考えるようになりました。

佐藤先生 それは言えますね。私も教室で子どもたちと接していると、自然に元気をもらえます。それから、シフトについても講師側の都合に配慮してもらえるのも明光義塾の良いところです。私の場合、家事や趣味として長く続けている吹奏楽などと両立できる環境がうれしいです。生徒さんから元気をもらえて、自分らしく働くことができます。

赤平先生 スケジュールの立てやすさに関しては、私も良さを実感しています。勤務する曜日や時間が完全固定でない点にはとても助かっています。佐藤先生がおっしゃったように、仕事を家事やほかの活動などと両立させたい方にとって、明光義塾の講師はぴったりだと思います。

shakaijin_5.jpg

明光義塾の講師として5年を超えるキャリアをお持ちの佐藤先生と赤平先生。"社会人としての経験を踏まえた目線""子どもたちと同じ目線"というふたつの視点で生徒さんと思いを共有し、教室で接することで自らもいきいきと成長し続けているというお話が印象的でした。今後もみんなが楽しく学べるための"教室の架け橋"として、さらなる活躍を期待しています。

塾講師アルバイトへのご応募

明光義塾には、成長の瞬間がたくさんあります。
あなたも塾講師アルバイトで、
新しい自分を見つけてみませんか?

近くの教室を探す

(8)ベテラン講師に聞く! 私たちが明光で働く理由 【主婦(夫)・社会人講師座談会】

明光で働く塾講師たちのインタビューやOB・OG訪問、教室でのイベントの様子などを定期的にお届けします。

pick up! 特集&レポート (8)ベテラン講師に聞く! 私たちが明光で働く理由 【主婦(夫)・社会人講師座談会】|明光義塾の塾講師アルバイト PageTopへ
明光義塾 塾講師になろう!