pick up! 特集&レポート

(15)スクールカウンセラー 荒井祐生さん【講師OB・OGインタビュー】

2014年12月9日

学生時代の塾講師アルバイトの経験を生かしながら、さまざまな分野の仕事に就いているOB・OGを紹介しているこのコーナー。今回登場するのは、スクールカウンセラーとして活躍している荒井祐生さんです。講師時代を振り返っていただき、現在の仕事を選んだ理由や、明光義塾での経験が仕事にどう生かされているのかお聞きしました。

arai_1.jpg

"小中学校で生徒の悩みに向き合う"
――久しぶりに訪れた明光義塾の印象はいかがですか?
荒井さん 率直に懐かしいですね。勤務していた当時、教室に入ると、全体を見まわしてからその日に授業を受けにくる生徒の座席表を見る習慣がありました。さきほど、その一連の動きがよみがえってきました。本当に懐かしいです。

――現在、どんなお仕事をされていますか?
荒井さん 生まれ育った地元の教育委員会のもとで、スクールカウンセラーに従事しています。各地の小中学校に赴き、保護者や生徒、先生と関わりながら、生徒の悩みにどう向き合っていくかを一緒に考えています。生徒の相談を受けたり授業を参観して回ったりと、学校に寄り添う時間を過ごしています。現在の小学校や中学校は、勉強や人間関係の悩みなどを持った生徒をケアしていくために、教員とスクールカウンセラーとの連携が進んでいます。

arai_2.jpg

"教員志望からカウンセラーの道へ"
――スクールカウンセラーを目指した理由を教えてください。
荒井さん もともと教員志望でしたが、大学の心理学科で学ぶうちに、カウンセラーという職に興味を持ちました。決意したのは、4年生の時です。明光義塾で、幅広い学年の個性の異なる子どもたちと関わる中で、生徒一人ひとりの特徴を把握することの重要性に気づきました。心理の専門家の視点を教育領域で生かそうと考え、スクールカウンセラーとして教育現場に貢献する道を選びました。明光時代を思い返してみると、生徒の個別性を重視するという点で、明光の講師とカウンセリングには通じるものがあると考えています。

――そもそも明光義塾で働こうと思ったきっかけは?
荒井さん 教員を目指すうえで、塾や家庭教師のアルバイトを探していた際に、明光義塾の求人を見つけ、大学1年生の夏に面接を受けました。子どもたち一人ひとりにじっくりと関わりたいと考えていた私にマッチした職場だと思いました。ほぼ4年間、大学を卒業するまで勤務しました。さまざまな子どもたちに接せられたことだけでなく、仲間たちとチームワークを発揮しながら教室運営に貢献できたことも、明光義塾のいいところでした。

arai_3.jpg

"良い仲間に恵まれた講師時代"
――勤務していた教室はどんな雰囲気でしたか?

荒井さん とても明るかったですね。講師みんなのあいさつや声が大きくて、講師と生徒とのコミュニケーションも活発な教室でした。厳しさもユーモアも兼ね備えた講師がそろっていたと思います。大学4年生のころがいちばん思い出に残っていますね。仲間に対してリーダーシップをとる場面が多くあり、悩みを聞いたり、子どもたちとの適切な距離感をいっしょに探ったりと、チームワークで教室を良くしていくことに楽しみを感じていました。本当に良い仲間に恵まれていたと思います。

――卒業まで講師を続けられたポイントは?
荒井さん 大学の授業や試験、ボランティア活動などで、明光を休んだ期間もありましたが、「子どもたちと向き合う現場で仕事をしたい」という想いが強くありました。一緒に苦手な問題に取り組んだり、勉強以外の悩みを聞いたり、進路について本音を引き出したり......一人ひとりの生徒とのコミュニケーションのすべてがかけがえのないものでした。

arai_4.jpg

"明光での経験が仕事に生きている"
――改めて、明光義塾の講師のやりがいを教えてください。

荒井さん ひとつは、子どもたちをじっくりと見られることですね。この経験はいまの仕事にも生きています。それぞれの思いや考えを知り、どこが得意でどこが苦手か、何に悩んでいるかなどを見極める。客観的な情報を収集し、解決へ向けてともに取り組む。現在の仕事にストレートにつながっていますね。また、授業だけでなく、テスト対策イベント祝賀会などの企画に関われることもやりがいに感じていました。生徒のモチベーションを上げるために、教室長や同僚と協力してアイデアを具現化していく、そのために自分の考えを相手にプレゼンするという貴重な経験を積めました。

――未来の明光義塾の塾講師へメッセージをお願いします。
荒井さん 子どもたちにとって、小学校、中学校、高校という期間は、とても大切なものです。受験や進学と行った人生の節目に関わるという点で、責任もプレッシャーもある仕事です。同時に、やりがいや、よろこび、達成感も非常に大きなものがあります。それらは教室長や同僚講師と一緒に経験するものですから、みんなで幸せを共有することができます。ぜひ、明光義塾で幸せの瞬間を体感してみてください。

arai_5.jpg

荒井さんは、大学での専攻に加え講師を経験したことでカウンセリングへの興味を深め、大学院へ進学。そして、目標を実現させました。力強く話すその面持ちからは、明光義塾の教室で開花した情熱をそのままに、スクールカウンセラーとして子どもたちと日々真正面から向き合う姿が想像できました。明光義塾の講師OBとして、荒井さんのさらなる活躍を期待しています。

塾講師アルバイトへのご応募

明光義塾には、成長の瞬間がたくさんあります。
あなたも塾講師アルバイトで、
新しい自分を見つけてみませんか?

近くの教室を探す

(15)スクールカウンセラー 荒井祐生さん【講師OB・OGインタビュー】

明光で働く塾講師たちのインタビューやOB・OG訪問、教室でのイベントの様子などを定期的にお届けします。

pick up! 特集&レポート (15)スクールカウンセラー 荒井祐生さん【講師OB・OGインタビュー】|明光義塾の塾講師アルバイト PageTopへ
明光義塾 塾講師になろう!