pick up! 特集&レポート

(18)"元明光生の講師"が語り合う、明光講師の仕事 【講師座談会】

2015年2月17日

かつて明光義塾で学んだ元生徒が大学生活のスタートと同時に講師として働く--実はそういったケースが少なくありません。今回は、そんな講師たちにスポットライトを当てた企画です。大学1年生の先生3名に、生徒として過ごした明光義塾で講師を目指した理由や目標とする講師像などについて語り合っていただきました。

motoseito_1.jpg
<写真左から 木下研人さん、笹野真由さん、橋本伸太郎さん>


"憧れの先生がいたから、講師を目指した"
―皆さんがアルバイトに明光義塾の講師を選んだ理由は?
橋本さん 通っていた教室に、優しく親身に勉強や進路の相談に乗ってくれる先生がいて、先生のためにがんばろう! という気持ちで勉強していました。高校3年生の12月に国語の偏差値が60くらいになった時、その先生が涙ぐみながら喜んでくれたんです。それを見て、私もこんな先生になりたいな、と思ったことが原点です。

笹野さん 教室にいた二人の先生に憧れて、講師の仕事に興味を持つようになりました。どちらの先生も私の得意な点や苦手な点を、自分以上に把握してくれていたんです。決め手は、大学入学後に教室長から、その先生方のようないい講師になれると思うよ、と誘われたことですね。

木下さん 私は、大学受験も終盤になったある日、教室長から「受験を乗り切って大学生になったら、講師をやってみないか?」と声をかけられたんです。

笹野さん よほど木下先生が講師に向いていると感じたのかもしれませんね。

木下さん どうでしょうか(笑)。ただ、私にも、憧れの先生がいました。背が高くて、見た目はちょっと怖い......、でも授業は非常にわかりやすくユーモアもある先生でした。そんな憧れがベースにあったので、講師を目指しました。

motoseito_2.jpg

"生徒時代の経験が指導に生きている"
生徒時代に好きだった講師には、どんな共通点がありましたか?
木下さん わかりやすく教えてくれたことはもちろん、勉強以外の話も気軽にできた先生でしょうか。

橋本さん そうですね。そして、明るいことですね。

笹野さん 教室に入った時、その日授業を受け持たなくても、声をかけてくれた先生ですね。自分の存在をちゃんと見てくれているという安心感がありました。

現在、指導に生かされている受験時のエピソードはありますか?
橋本さん この「パーフェクトBOOK」(自立学習を進めるための明光義塾独自のツール)です。大学受験時にこれをフル活用し、毎日の学習スケジュールをびっしりと書き込んでいました。「先生はこんなふうにパーフェクトBOOKを使っていたんだよ」と生徒を指導する際に見せると、言葉で説明する以上に説得力があります。

motoseito_3.jpg
<橋本先生が生徒時代に使っていたパーフェクトBOOK>

木下さん これは、すごいですね。これだけ書き込むのは大変だったでしょう?

橋本さん やるべきことが明確になり、達成していくことは楽しかったですね。偏差値もかなり上がりました。また、書き込んでいくことが、勉強の息抜きにもなりました。

笹野さん 私は、先生がノートを使って実際に問題を解く過程を見せてくれたことがとても役立ったので、手を動かして的確な説明をすることに力を入れています。

木下さん 明光義塾のアットホームな雰囲気が心地よく、塾へ行くことが勉強へのモチベーションになっていました。だから、講師となった今、そんなムードを作り出せるよう、生徒への元気な挨拶や声かけを心がけています。

motoseito_4.jpg

"生徒も私も笑顔でいたい"
皆さんが目指す理想の講師像は?
橋本さん 「○○先生(指導を受けた先生)越え」が目標です。社会科の日本史・世界史・政治経済を教えられないと先生を越えることになりません。難しいことですが、3科目はお互いに繋がっているので、すべてを網羅できると指導しやすくなるんです。

木下さん 私は、中学の教科はすべて教えられるようになろうと思っています。それから、自分も生徒もともに笑顔でいられることが目標です。生徒時代、いつも笑い声に囲まれている先生がいましたが、そんなふうになれたらうれしいです。

笹野さん 「笹野先生がいるから明光に通っている」と多くの生徒に言われるようになりたいですね。それには、生徒一人ひとりと丁寧にコミュニケーションをとることが大切だと考えています。

motoseito_5.jpg

"一緒に良い教室を作っていきましょう!"
明光義塾の講師に興味を持っている方々へメッセージをお願いします。
橋本さん 講師の仕事をするなかで一番の喜びは、生徒の成長に関われることです。生徒の成長は自分のことのように嬉しいですし、「次の目標はどうしようか?」とその先の目標について話し合うのは本当に楽しいですよ。

笹野さん 生徒の成績を伸ばすことで、他にはない達成感が味わえます。先日、私が指導した生徒が推薦で大学に受かったのですが、重点的に指導した箇所が学科試験に出題されたんです。

木下さん それはすごい!

笹野さん 本当に嬉しかったです。

木下さん 定期テスト対策をきっちりとやって、それによって生徒の点数が上がった時が、やはり嬉しいですね。講師になって、生徒の成長に伴って講師自身も成長できるということを実感しています。

橋本さん そうですね。そこが醍醐味ですね。

笹野さん 生徒との距離感が近く、教室長や講師同士のチームワークも良く、生徒時代過ごした私にとって明光義塾は「第二の家」です。一緒に良い教室を作っていきましょう。

橋本さん 雰囲気が良く、生徒だったかどうかに関わらず、働きやすい環境だと思います。興味を持った方にはぜひチャレンジしていただきたいです。

motoseito_6.jpg

それぞれが生徒として過ごした経験を踏まえ、日々指導にあたっていることがわかりました。彼らはまだまだ大学1年生、これからいっそう素晴らしい講師へと成長していくことでしょう。元生徒はもちろんのこと、別の学習塾を経て大学生となった方でも、明光義塾はご自身の経験を生かしながら活躍できる環境です。明光義塾では、この春から教室でフレッシュな魅力を発揮してくれる、新たな先生の登場をお待ちしています。

塾講師アルバイトへのご応募

明光義塾には、成長の瞬間がたくさんあります。
あなたも塾講師アルバイトで、
新しい自分を見つけてみませんか?

近くの教室を探す

(18)"元明光生の講師"が語り合う、明光講師の仕事 【講師座談会】

明光で働く塾講師たちのインタビューやOB・OG訪問、教室でのイベントの様子などを定期的にお届けします。

pick up! 特集&レポート (18)
明光義塾 塾講師になろう!