pick up! 特集&レポート

(32)大学生講師の一日に密着 ~学業・アルバイト・部活、すべてがつながっています~【講師インタビュー】

2015年10月21日

大学の講義に、部活やサークル、そしてアルバイト――大学生にはやりたいこと、やらなくてはならないことがたくさんありますよね。ライフスタイルに合わせてシフトを組めるのが明光義塾の講師アルバイトの魅力のひとつですが、実際にどんな日々を過ごしているのでしょうか? 今回の特集&レポートは、この春、講師デビューした馬場瑞帆先生の密着取材をお届けします。


baba_1.jpg

教育学部1年生の馬場瑞帆先生。養護教諭を目指し大学で学ぶ一方、2015年4月から明光義塾で講師として勤務しています。馬場先生は、以前開催した女子大生講師座談会にも参加。そこでも、将来の夢や講師の仕事への想いを語ってくれています。

baba_2.jpg

講義が終わると、週3回、所属する「児童教育研究会」の活動に参加しています。この部活では、子どもへの理解を深めながら、児童教育について学んでいるそうです。取材日は、大勢の部員と力を合わせ、近日開催する子ども向けイベントで行うゲームなどの準備をしていました。

baba_3.jpg

児童教育研究会のイベントで撮影した部員の集合写真。馬場先生に子どもたちとの接し方について聞くと、「ゲームの説明をするときは、子どもたちに伝わりやすい言葉遣いを意識しています。自分たちで考えたゲームで子どもたちが笑顔になってくれることにやりがいを感じます」と話していました。

baba_4.jpg

明光義塾の教室へはスーツ姿で出勤しています。スーツに着替えると「先生」と呼ばれる立場に。見た目だけでなく、気持ちもシャキッ!と引き締まるそうです。勤務は部活がない日で、週2~3回、講師として活躍しています。

baba_5.jpg

講師として働き始めて、約半年。自分が明光義塾の生徒だったころを思い出しながら、授業を進めているそうです。「コミュニケーションをとることに苦手意識がありましたが、いまは積極的に声をかけられるようになりました」と自身の成長に手ごたえを感じている馬場先生。「目標は、姉のような子どもたちに人気のある講師」だそう。実は、先生のお姉さんも明光義塾で講師をしていたんです。


baba_6.jpg

授業後に、先輩講師や教室長と、生徒の話、授業の話で盛り上がることも。元々生徒としてこの教室に通っていたので、「教えてもらっていた先生が、今は先輩講師。お互い不思議な感じもしますが、なんでも相談できる先輩や教室長に囲まれて安心して働けています」と馬場先生。このアットホームな雰囲気も明光義塾で働く魅力です。

baba_7.jpg

馬場先生は、塾講師の仕事を通して、自身が子ども好きであることを改めて実感しているそうです。大学では教育学を学び、部活では子どもたち向けのイベント、そしてアルバイトでは「塾講師」。気づくと、いつも子どもたちのことを考えている日々。学業・部活・アルバイトで、感じたこと・気づいたこと・学んだことがそれぞれの場面で活かされているようです。大学生生活を満喫しながら、将来の夢に向かって歩む馬場先生のレポートでした。


塾講師アルバイトへのご応募

明光義塾には、成長の瞬間がたくさんあります。
あなたも塾講師アルバイトで、
新しい自分を見つけてみませんか?

近くの教室を探す

(32)大学生講師の一日に密着 ~学業・アルバイト・部活、すべてがつながっています~【講師インタビュー】

明光で働く塾講師たちのインタビューやOB・OG訪問、教室でのイベントの様子などを定期的にお届けします。

pick up! 特集&レポート (32)大学生講師の一日に密着 ~学業・アルバイト・部活、すべてがつながっています~【講師インタビュー】|明光義塾の塾講師アルバイト PageTopへ
明光義塾 塾講師になろう!