pick up! 特集&レポート

(62)自由な雰囲気の中で自分らしく働く【大学生講師インタビュー】

2019年5月29日

村井真希先生


ご自身の受験の経験を生徒たちの役に立てたいと思い塾講師になったという村井先生。最初の授業は不安だったそうですが、みるみるうちに自信がついて、3年連続で教室の人気講師に選ばれました! そんな村井先生に授業のこだわりややりがいを伺いました。


62_01.jpg

--塾講師になろう!と思ったきっかけは何ですか?

私は高校受験と大学受験に失敗してしまったため、せめてこの経験を誰かの役に立てたいと思い、塾講師になりました。 一つのことに集中しすぎて効率の悪い進め方をしてしまったことを悔いていているので、同じようなタイプの子が入れば声をかけて軌道修正させるようにしています。

--塾講師になる前と比べて成長したなと思うことはどんなことですか?

物事に対処する力が身についたと思います。1コマの中で3人の生徒を同時に指導するのですが、その授業を充実させられるか、コントロールできるかどうかは講師の力にかかっています。 基本的には他に頼れる人がいない状況で90分を乗り切るため、さまざまな対応ができるようになりました。

62_03.jpg

--塾講師をしていて大変だなぁと思うことはどんなことですか?

思うようにテストの点が伸びない子に対しては、さまざまな指導方法を試みています。楽しく机に向かえるように気持ちをのせてあげることはできても、成果が出ない場合は悩みます。やっぱり授業は楽しいだけじゃダメ。 授業料を払って勉強しにきている以上、成績は上げてあげたいです。


--生徒を指導するうえでどんなことに気をつけていますか?

その子にとってどんな授業がもっとも効率がいいのかを考え、一人ひとりの性格に合わせた指導をしています。同じ90分でも時間をめいいっぱい使ってじっくり取り組めるように導いた方がいいのか、 短時間集中させてときどき雑談の時間をつくった方がいいのかは生徒によって異なります。マニュアル的な対応でなく自分の目で生徒の様子を見ながら授業の方針を決めています。

62_02.jpg

--学校生活との両立はできましたか?

シフトは自分が入れる時間に無理なく入っているので問題はありませんでした。生徒の中には私のシフトに合わせて来てくれる子もおり、時間のやりくりはうまくいっています。急用ができたときは他の講師が代わってくれるので助かっています。 夏期講習と冬期講習の時期はたくさん働きました。そこでしか会えない生徒がいるのでできるだけ授業をもっておきたかったんです。


--「明光義塾で働いていてよかった」と思うエピソードを教えてください。

人気講師に選ばれたことです。1年に1度生徒たちへ講師に対するアンケートを行っているのですが、3年連続で人気講師に選んでいただきました。いつも見ている子だけでなく、半年前に1度指導した子も票を入れてくれており、 私の指導を覚えていてくれたことが嬉しかったです。

62_05.jpg

--明光義塾で働くことの価値はどんなところにあると思いますか?

生徒が成長していく様子を間近で見られることだと思います。塾講師になろうと思った動機である「自分の失敗を伝える」ということも実践できており、それが自分への評価につながっていることもうれしいです。


--将来の夢は?

化粧品の研究開発職に就くことです。中学生のころからの夢で、今はようやくタマゴになれたころです。もともと自分の肌が弱く、それを治すための手軽に使える化粧水などを作ることを目標としてきました。 同じような悩みを持つ生徒に接するたびに、憧れは一層強くなっています。

62_06.jpg

塾講師アルバイトへのご応募

明光義塾には、成長の瞬間がたくさんあります。
あなたも塾講師アルバイトで、
新しい自分を見つけてみませんか?

近くの教室を探す

(62)自由な雰囲気の中で自分らしく働く【大学生講師インタビュー】

明光で働く塾講師たちのインタビューやOB・OG訪問、教室でのイベントの様子などを定期的にお届けします。

pick up! 特集&レポート (62)自由な雰囲気の中で自分らしく働く【大学生講師インタビュー】|明光義塾の塾講師アルバイト PageTopへ
明光義塾 塾講師になろう!