pick up! 特集&レポート

(72)生徒の成長やこの仕事のやりがいは、教室長との対話から始まる

2021年1月15日

塩﨑先生


明光の生徒から先生になった塩﨑先生。長く講師を経験する中で、成長できたことや大変だったことをお聞きしました。今回は三谷教室長にも参加していただき、教室のあり方や講師に期待することも 教えてもらいました。講師と教室長の信頼関係がとてもよく伝わってきます。


72_1.jpg

--塾講師になろう!と思ったきっかけは何ですか?

実は元々中学3年のときに生徒だったんです。大学合格後に、顔出したら当時の教室長に誘われて「ぜひ!」ということで始めました。中3の冬のときに、高校受験も佳境になってきて、 朝から晩まで教室にこもって自習していたときがあったんですが、当時の担当してくれていた講師の方だけじゃなく、教室のほとんどの講師の方々が、自習している自分に声をかけてくれました。その時の雰囲気が良くて、居心地も良くて、こんな先生になれたらいいなぁと漠然と憧れていました。 将来は自分も生徒たちのためになりたい、勇気を与えたいと感じました。予備校のチューターにも誘われていたんですが、明光義塾の講師しか選択肢はなかったですね笑


--高校時代について教えてください(どんな子だったとか、受験のこととか)。

高校受験(中学時代)のときに、せっかちで問題読み間違えも多く、計算ミスがなかなか直らなかったんです。でも、自習していても講師の方々に沢山声がけしてくださったおかげで、高得点を安定して取れるようになりました。とにかくやればやるだけ伸びると言われて、 先生方を信用してテキスト1冊を10周ぐらいやりまくったら、ケアレスミスはなくなりました。高校のクラスレベルでは中堅だったので、周りを見てもなんとかなるだろうと甘く考えていました。 でも実際には苦労しました。その経験が今の生徒指導にも活かされています。特に高3生には、現役で合格してほしい!どういうメンタルで向かうべきか、どういった勉強の仕方が必要なのか、分かった気になっているだけの時や、数学の解法の途中式が甘いところは、 アドバイスするようにしています。自分が苦労した経験があるからこそ、危機感を伝えられるし、壁にぶつかったときの乗り越え方の相談にも乗るようにしています。


--「明光義塾で働いていてよかった」と思うエピソードを教えてください。

沢山ありますが、一番大きいのは自分自身が成長できたことです。元々、人前に立つのが苦手でした。近隣教室の代表講師が集まる勉強会では、発表がある度に、震えてたり、汗が止まらなかったりしてたんです。 それが今では緊張せずに話せるようになりました。
あと、生徒との距離感が近い分、信頼関係が築けるのも魅力です。勉強をただ教える、教わるの関係以外にも、生徒から"テスト結果を見て!"と持ってきてくれたり、悩みの相談に乗ってほしいと頼られたりするので、 すごく楽しいですし、やりがいがありますね。
もう1つ、大学でのグループ作業でも、ファシリテートして人の意見を引き出したり、くみ取ったりするようになりました。それも講師のシゴトをしていたおかげだと思います。


72_2.jpg

--塾講師をしていて大変だなぁと思うことはどんなことですか?

生徒の考えていること、他の講師の考えていることを引き出したところで、僕の捉え方が違うことがちょくちょくあって、コミュニケーション不足というか、自分が熱くなりすぎて突っ走ってしまい、 なかなか伝わらないことがありました。
でも、そんなときに三谷教室長に相談してみたところ、「少し冷静に周りのことを見てみれば?」とアドバイスをもらいました。


--三谷教室長、そういったことがあったのですね?

(三谷教室長)
そうですね。塩﨑先生は生徒のため、教室のために人一倍熱く頑張ってくれています。私もすごく頼りにしている講師の一人です。ただ、教室にはいろいろな考えの講師がいます。
みんな"生徒のために"と意見をもっていますから、どうやってお互いの着地点を見つけていくか、そういったことが教室運営そのものだからという話をしました。 塩﨑先生は、きっと将来社会人になっても活躍できる人だから、人との合意形成をしていく練習をした方がいいと考えてアドバイスしました。


--教室長と講師との信頼関係がすごいですね?

(三谷教室長)
教育は人と人との関わりなので、どうしても相性の良し悪しが発生してしまうことです。話の展開がしにくい生徒に対しては、どうしたら興味を持ってもらえるのかを考え、かける言葉一つひとつに気を使います。

(塩﨑先生)
昔、当時のエリアマネージャーに、「講師を育てるのは教室長なんだけど、教室長を育てるのは君たち(講師)なんだよ」と言ってもらったことがありました。 その言葉がとても響いて、今でも意識しています。教室長って教室の責任者だから、その人に何か意見することって気が引けるところがあると思うんです。 でも、生徒のためになることなのであれば、自分の考えを投じることも必要なんだって思えるきっかけになりました。
当然、三谷教室長は私たちの意見に耳を傾けてくれますから、信頼して話し合いができますね。

72_3.jpg

--明光義塾で働くことの価値はどんなところにあると思いますか?

"自分がやる気になれば、他では経験できないことがすんごい経験できる!"
生徒ごとのプラン作成もできるし、生徒・保護者にどう満足してもらうかということを考えて運営面での仕事にも教室長と相談して取り組めたりします。
だから、自分の熱意だけで出来る事の幅が広がっていくと思うんです。冷めて考えれば、普通のバイトやん?って考える人もいると思うんです。 でも、踏み出せばいろんなことが経験でき、どんどん自分の力になり、成長できる、そんな場所だと思いますし、価値だと思います。


--今後に向けて、自身の目標を教えてください。

教室長の仕事を奪いたいです!笑
今チームリーダーとして、授業力向上をはかるチームで頑張っています。この取り組みが上手く行けば生徒のためになり、もっと言えば教室長の仕事を減らすことができます。
今の僕の課題は、相互理解を意識したコミュニケーションをとること、また自分だけで頑張るのではなく、後輩にも頼ることだと思います。そして、後輩にとって頼れる人になりたいです。 そのために生徒ごとのプラン作成も1年生の講師と相談して決めていくつもりです。
上下関係はいい意味で緩い方がいいと思いますね。ガチガチの上下関係は後輩たちのパフォーマンスを落とすことになりますので、後輩たちが活躍できるように頑張りたいです。


--三谷教室長にお聞きします、塩﨑先生へ今後期待することは?

(三谷教室長)
塩﨑先生自身が動くことは一通りできますから、とにかく"後輩へのサポート"を期待します。後輩たちがこの教室の良さをきちんと引き継げるように先輩として、リーダーとしてサポートしてほしいです。 塩﨑先生は、この教室の"お母さんのような存在"です笑

72_4.jpg

塾講師アルバイトへのご応募

明光義塾には、成長の瞬間がたくさんあります。
あなたも塾講師アルバイトで、
新しい自分を見つけてみませんか?

近くの教室を探す

(72)生徒の成長やこの仕事のやりがいは、教室長との対話から始まる

明光で働く塾講師たちのインタビューやOB・OG訪問、教室でのイベントの様子などを定期的にお届けします。

pick up! 特集&レポート (72)生徒の成長やこの仕事のやりがいは、教室長との対話から始まる|明光義塾の塾講師アルバイト PageTopへ
明光義塾 塾講師になろう!